婚活

      mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2024/04/25(木) 13:03:08.400 ID:uz405bY/0
    初めて女側に同情したわ



    【【悲報】39歳の婚活おじさん、鳥貴族を知らないwwwwwwwww】の続きを読む

      mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/06(木) 21:16:11.832 ID:Nj2m63iO0
    なに?

    【31歳年収450万円、酒・煙草・ギャンブル・風俗やりません、借金もないです←結婚できない理由は】の続きを読む

      mixiチェック
    1: ◆hEpW0nDspK9l 武者小路バヌアツ ★ 2022/11/05(土) 20:37:42.56 9
    39歳エリート男性、初デートで“1万2000円”すし懐石ランチを頼まれ交際終了へ

    (前半の記事は見出しと別の事例なので略しています。こちらも香ばしい事例ですが)

    初めてのデートで高級すし懐石

     また、こんな女性もいました。

     米田宗一郎さん(39歳、仮名)は一流企業に勤める、年収1000万超えのエリート男性。坂口敦美さん(32歳、仮名)とお見合い後、交際に入りました。
    結婚相談所のお見合いの場合、個人情報を保護する観点から、交際に入って初めて、仲人を通じてお互いの連絡先を交換します。
    そして、男性から女性にファーストコールを入れるのが通例です。

     宗一郎さんは指定された時間に、敦美さんに電話をしました。

    「交際希望、ありがとうございます」

    「こちらこそです。お話も楽しかったし、お仕事のできる男性は違うなと思ったんですよ」

     そんな褒め言葉に宗一郎さんはとてもうれしくなりました。

    「早速ですが、週末、ランチしませんか? 敦美さんは和食が好きだとおっしゃっていましたよね。どこかおすすめのお店はありますか?」

    「私、一度行ってみたかったお店があるんです。『○○』という名前の、すし懐石のお店なんですけど」

     これまで、仕事ばかりしてきた宗一郎さんは食には疎く、お昼はチェーン店の牛丼やカレー、コンビニ弁当で済ませることがほとんどでした。

    「分かりました。『○○』ですね。僕は有名店とかおいしいお店とか全く知らないので、これからいろいろ教えてください。
    そのお店を予約しておきますね。土曜日の12時でいいですか?」

     こうして電話を切り、早速、そのお店をネットで調べてみました。
    すると、そこは超高級店で、ランチのすし懐石は1人1万2000円でした。

    「えっ、1万2000円? 牛丼なら30杯食べられるぞ」

     とはいえ、そんなセコい考えだと結婚もできないと思い直し、早速、その店を予約しました。

     しかし、一晩眠ってよくよく考えてみたら、最初のデートで高級店を指定してくる女性は先が思いやられる気がしたのです。
    既にランチを約束してしまったので、その日は会うことにしましたが、それを終えたら、「交際終了」を出そうと思いました。

     また、ごちそうになったときには「ありがとうございます」「ごちそうさまでした」という言葉も忘れてはいけませんね。

    有名ハンバーガーチェーン店のメニューに「スマイル0円」とありますが、これらはみんな“0円”なのです。
    「ありがとうございます」と「ごちそうさまでした」は感謝の気持ちを伝える言葉。言われたのと言われないのとでは、ごちそうした男性の気持ちも変わってきます。

     お見合いを終えた男性から、「今日の女性は平気な顔でレジの横を素通りしていって、
    『ごちそうさま』も言わずに帰っていきましたよ。お断りでお願いします」というのは、よくある事例なんですよ。

    https://otonanswer.jp/post/88051/2/

    【39歳エリート男性、初デートで“1万2000円”すし懐石ランチを頼まれ交際終了へ】の続きを読む

    このページのトップヘ